スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
花冷えの京都 
京都に桜見物に行って来ました。
祇園の川沿いの桜は、五部咲きというところ。
祇園には初めて行きましたが、純和風の食事処が
立ち並び、なんだか江戸時代のテーマパークの
ような所だった。夜の舞妓さんが似合いそう。

gion

そして桜の名所のひとつである円山公園に行ったが…
ここも満開にはほど遠い。でも花見客はわんさかいる。
maruyama

お昼に「とり新」という店で親子丼を食べました。
人気の店のようで結構並びました。
ここは、お昼のメニュー親子丼だけで勝負しています。
かなり腕に自信があると見た。
出て来てびっくり、親子丼の上にさらに卵がのっている。
コレステロール値高いぞ。でもおいしかったです。
みそ汁が白くて甘いのも珍しい。
torishin

oyako

午後から京都御所の参観に行きました。
1月頃予約した時に既に1時間の標準コースは
満員で、三十五分の短縮コースになりました。
御所の入口に物々しく警官が四、五人立っていた
のに、身分証明証を出そうとしたら「いいですよ」と
言われた。荷物検査もなく、案外セキュリティは甘い。
紫宸殿は、でかかった。ラストエンペラーを思い出した。
昭和天皇までは、ここで即位したらしい。

gosyo

次の日、南禅寺に行きました。
ここの水路が見たかったのです。
琵琶湖から引いた水が、ここを流れて
京都に届いています。

nanzen

その近くのインクラインという線路跡。
ここも桜スポットなのですが、満開には
まだまだ遠い。それに寒い。
incline

その後、錦市場に行ってぶらぶらしました。
去年の紅葉の季節同様、桜の時期も京都は
すごい人出です。京都は何回行っても
行きたい所がたくさんあって尽きませんねぇ。
スポンサーサイト
 
 
WBC 
前回のWBCの時は、日本にいなかったので
優勝の大騒ぎはなんとなく遠い世界の出来事
だったのだが、今回は実感できたっ。
イチローにあそこで打席がまわってきて
しかもヒット打つなんて、彼はやっぱり
そういう星のもとに生まれて来たのだなぁと
思った。

でも川崎選手は、もっと出して欲しかったなぁ。
それに杉内くん、今大会被安打ゼロなのに
ダルと交代? というギモンは残りましたが。
(ホークスびいきの意見か?)

今回アメリカに勝った事については、
日本人の結束の勝利かなぁと思いました。
チームプレイとはいえ、欧米人は個を滅して
集団でなにかをやる心意気には、圧倒的に
日本人や韓国人と比べて欠けている、とわしは
イギリスでの体験上思う。「和を持って尊しとなす」
ですから、大和魂は。
(だから四番の城島もバントする)

四年後の大会の代表予想が、はやくも某巨大掲示板で
行われていましたが、その中に「斉藤ハンカチ」も
入っていました。うひゃぁそうなったら嬉しいな。
 
 
カナダ・アニメーション 
canada

東京国立近代美術館フィルムセンターでやっている
カナダ・アニメーション映画名作選」という上映会に
行きました。
カナダには国立映画制作庁という政府の映像事業機関があり
そこの一部門として40年代からのアニメーションも収集保護
されていて、今回そのコレクションの一部が公開されています。
私が行った昨日のプログラムは、午前が「吼える60年代」
でした。”60年代”ということでサイケデリックやビートニクな
映像を期待していましたが、線や点が延々と点滅するものや
(完全にポケモンコード(ポケモン事件以降規制された光の
点滅規制)にひっかかりますゎ)前衛的なわけのわからん
映像で寝てしまいました。
一方午後の「知性とユーモア:カナディアン・カートゥーン」と
いうプログラムでは、結構マンガチックなアニメが多く話も
ブラックユーモアや風刺の効いたものが多く笑えました。
イギリスの学校時代に図書館で借りて見た作品もいくつかあって
懐かしかった。

その後カナダからやってきた主催者の講演があったのだが、
久々に生の英語を聞けると思っていたのにフランス語だったの
で多少がっかり。フランス語を聞いていると集中力が途切れて
またまた眠くなってしまいした。通訳の女性の知的な喋り方に
あこがれました~。
 
 
ピカソとクレー 
渋谷のBunkamuraミュージアムでやっている
ピカソとクレーの生きた時代」という
展覧会に行って来ました。
渋谷駅のハチ公口から茶髪でアイライン
真っ黒のねぇちゃんたちとぶつからない
ように雑踏を抜けて美術館までたどり着く。
館内は、かなりの人出。なのにシーンと
静まり返っている。通りの店の呼び込みの
うるさい声と人混みで混沌としている外と
まるで別世界。大人の空間ですねぇ。。。

クレーというアーティストは今回初めて
知りましたが、ポップなのに淡い色彩が
好きでした。顔のパーツを分解した福笑い
のような絵が気に入った。ピカソは
「ギター」という絵が印象に残りました。

その後、ランチを食べようと雑誌に載っていた
某喫茶店に行ってみた。
内装とテーブル、椅子がかわいくていい雰囲気。
しかし注文した品が、15分経っても20分
経っても来ない。ちょっと遅すぎるかなと
思い始め、25分過ぎた頃「30分まで来なかったら
文句言おう」と思っていたら、28分くらいして
来ました。遅いっ。
どうもウェイトレス一人、シェフ一人で
やっているようで、お金を払う時もレジに誰もいなくて
しばらくぼっーと立っていた。あの店にはもう
行かないだろう。雑誌に紹介されたといっても
あまり期待していかないほうがいいことも
ありますねぇ。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。