スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
日本人なら団子 
dango1

連休の最後の日に行った団子屋。
日暮里の羽二重(はぶたえ)団子
この界隈は、文士がうようよしていた所で
ここのお団子は、漱石や子規、鏡花など数々の作品に
登場しているそうです。店内には、田山花袋の額書も
飾ってありました。文学ミーハーにはそそられるお店です。

団子は、あんこがおいしかった。煎茶もうまかった。
客の平均年齢推定60歳?ちょっと通りがけに寄るような
場所ではないので、皆さん近くの正岡子規庵や
根岸三平堂などとセットでご来訪かと推測。
最近私的に遅咲き司馬遼太郎ブームなので
ここの団子が出てくる「坂の上の雲」にでも
挑戦しようかと思ふ。全六巻。長いなぁ。

dango2
スポンサーサイト
 
 
連休はどこへ行っても人だらけ 
222

s2

秋晴れの西武ドーム。ホークスの杉内投手見たさに
行きました。今年からなぜか西武ベンチは三塁側、
ビジターは一塁側になっていて、我々はライト外野席へ。
連休中ということもあってすごい混みよう。
しかし屋根がついて直射日光はあたらないし、風もさわやかで
心地よい。
残念ながら杉内君は調子が悪く打ち込まれ、打線も石井投手に
見事押さえられ、8対1と大差がついたので八回裏で早々に
悶々としながら球場を後にしました。

edo
江戸ねこづくし展」を観に江戸東京博物館。
十年くらい前に来た時は、「すごいなぁ、広いなぁ」と感心したが
このバブリーな建物を今見ると
「無駄だ!高い都民税がこんなところに使われているの?!」と
思ってしまう、自分がひねくれたのか社会情勢が悪化したのか。
写真は、日祝日に行われている「えどはく寄席」で、落語を
聞きました。


m1

メアリー・ブレア展、東京都現代美術館。
ディズニーのコンセプト・アートを築いた人。マニア受けの展覧会と
思いきや、人の多さにびっくり。駅から美術館に向かう人がぞろぞろ、チケット
売り場で20分待ち。会場内もすごい混雑。午後からはもっと人が増え、
入場制限も出ていました。若い女性が多い。これは、ディズニーランドの
ノリで来てるか、企画制作協力のジブリの力か。
純粋に絵はよかったが、この成功したアーティストの下で名も無い
何千人、何万人のアニメーターが汗水垂らして働いていたかと思うと
涙が出ました。(嘘)
 
 
今頃夏休み 
これが私の故里だ

さやかに風も吹いてゐる

心置なく泣かれよと

年増婦の低い声もする

あゝ おまへはなにをして来たのだと……

吹き来る風が私に云ふ (帰郷 中原中也)


いや~そんな詩を思い出しながら
先週遅い夏休みを取って里帰りしてきました。
夜の飛行機から福岡の街の夜景が見えると
あぁ帰って来たなぁといつも思います。
空港まで友達どもが迎えに来てくれて
ご飯を食べながら久し振りの再会。
高校の時の地学の先生が、いつも説明する時に
「なし?て言うたらりんご」
ってよく言っていた話になり、
今考えると哲学的なフレーズだとしみじみ。
あの頃の先生の年齢を私たちはもうとっくに
追い越しているのかも。ゾッ~

わが故郷は、地方都市の典型的な寂びれ方を
驀進中で、シャッター街のアーケードは
シャッター率を上げ、昔ながらの商店は
どんどん駐車場になり、郊外の大型スーパーに
人は集まる…
でも道路だけはどんどん出来て便利になっています、
さすが先の総選挙であれだけ民主党が圧勝した中で
自民候補が当選したガチで超保守地区。

しかし何故か来年、某有名大学系属中高が
恐れ多くも私の卒業した高校の移転前の校舎を
ぶんどって開校するのです。授業料も偏差値も
高過ぎて地元から行ける生徒は多分ほんのわずか
だろうと思われます。この学校の誘致が果たして
地元の活性化に役立つのか、疑問。

ka


 
 
歌った、弾いた、汗かいた 
7年振りのバンド復活ライブ。
メンバーそれぞれが、いろいろな人生経験を経て
すっかり成熟した大人のライブになりました。(嘘)
でも心はいつも女子大生バンドのまま。フッ。
往年のファン(?)からは、「昔の曲もっとやって」
という声もありますが、新しい曲もどんどん
やりたいですな。

ところで、今回昔からの知人のバンドとの
夢の共演(狂演?)という企画でした。
そのバンド自体は初めて観たのですが、
バンドといってもカラオケをバックに
前衛歌謡曲を歌う着物を来たムーディ勝山のような
彼+セクシーな踊り子というユニット。
歌詞の内容も「道路工事~道路工事~」とか
まともなものは一つもなく(褒め言葉)、曲も
インプロビゼーション的支離滅裂構成で(褒め言葉)、
そして極めつけは、踊り子さんとの絶妙な振り付け。
いや、参りました。完全に降参。
長年いろいろなバンドを観ているとちょっとやそっとでは
感動しなくなってしまっているのですが、これはスゴかった!!
子供からお年寄りまで楽しめます。いや~愉快、愉快。
yoro
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。