スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
初仕事 
先月発熱のため休んでしまった試験監督、
今日行って参りました。

初めてなのでたいした事はやらせられんだろう
と思って行ったら、一人急に来られなくなった人が
らしく、いきなり受験者の受付をやるはめに。
受験番号とパスポート番号、顔写真のチェックを
やるのですが、200人もの人がどっと来るので
ちょっと焦りました。あと日本人以外の人も
数人(韓国、インド系)いたので、その時は
慌てて英語に切り替えます。(と言っても
thank you. とかRoom5とか簡単な英語でしたけど)

試験が始まったら問題配って、あとは机の間を
うろうろ(主にカンニング監視)する。
なんだか先生になった気分。
トイレに行く人には、パスポートを預かって
トイレまで着いて行ったり、ライティングの紙が
もう一枚欲しい人に渡したり…
自分が試験を受けるときは、時間が短いけど、
監視してると長いです。。。

某近隣国では、この試験中スキャナーをペンに
仕込んで、問題をスキャンする輩がいるそうで、
その為に日本でも鉛筆しか使用できなくなる
そうです。いろいろ考えますね、あの国の人たちは。
 
 
 

管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。